再生医療「PRP療法」のご案内

畠山整形外科では再生医療「PRP療法」により変形性関節症による膝などの痛みを緩和し、肉離れやスポーツ外傷に対する早期復帰を目指します。
畠山整形外科では再生医療「PRP療法」により変形性関節症による膝などの痛みを緩和し、肉離れやスポーツ外傷に対する早期復帰を目指します。
PRP療法は、こんな症状の方におすすめ! ひざ・肩の痛みがとれない・今の治療に成果を感じない・慢性化した痛みを緩和したい・長い持続効果のある治療をしたい・スポーツをしていて早く復帰したい・薬剤アレルギーがあり治療ができない

PRP療法とは


再生医療「PRP療法」とは、患者様ご自身の血液を採取後、血小板を濃縮した血液を抽出し患部に注入する方法です。血小板が放出する成長因子により、組織を修復または活性化させ、患部の治癒促進、炎症を抑える効果が期待できる治療法です。

再生医療「PRP療法」

効果的な疾患

変形性関節症 / 腱炎 / 骨癒合不全 / 肉離れ / 半月板 / 軟骨損傷 / 筋・腱・靭帯損傷

治療費


  • 変形性関節症、半月板・軟骨損傷
    1回 5万円(税込み)
  • 筋・腱・靭帯損傷、肉離れ、腱炎(テニス肘など)、骨癒合不全
    1回 3万円(税込み)
HOME 再生医療 PRP療法